北本市子供公園(北本市)

撮影日 2015.12.5&2015.4.4

授乳室まで備えた子どものための公園

公園の入り口。右手奥にカラフルな遊具が見えます。こちらは若干下がり目の傾斜があります。目立つ黒い銘板がそれです。

「北本市子供公園」はお隣の「北本自然観察公園」とは打って変わって、子供第一に考えられた子供のための公園です。

開園したのは、昭和49年。公園入り口の銘板に用地費、工事費の内訳から、補助金などの財源まで事細かに載っています。いろいろな公園に行っていますが、こんなのは初めて見ました。ちなみに、総事業費は2億5,500万円でした。

総敷地面積は約2.9haとそれほど広い公園ではありませんが、敷地をうまく利用して、あらゆる子供の遊び場が用意されています。

目を惹くのが、駐車場から入って左手にドーンと建っている「児童館」です。一応二階建てですが、ぼくが行ったときは、二階へ上がる階段が立ち入り禁止になっていたため、見ることができませんでした。常々、理想的な公園は児童館とのカップリングと書いているので、とても興味が沸きました。

立派な児童館。よくわからない作りになっていますが、一階に独立した4つの部屋があって、二階もありました。
この裏手の二階からは一階に降りる滑り台があります。

しかし、それほど規模の大きな児童館ではありません。一階部分が通り抜けられるような複雑な形をしていて、四つの独立した部屋になっています。それぞれ、「トイレ&二階への階段」「ゆうぎしつ」「としょしつ」ともう一箇所、ベビーベッドを備え、水道まで完備した授乳室のような小さな部屋がありました。

初めて中を見た日はお天気の良い日だったので、「ゆうぎしつ」で遊んでいる子は一人しかみかけませんでした。でも、お天気のよくない日や、寒い日は子供たちで一杯のなるのかもしれませんね。

二階が見られなかったのはとても残念です。裏に回ってみると、二階から一階に降りる滑り台がありました。でも、誰も遊んでいなかったので、今は利用されていないのかもしれません。

遊具と水遊び場

小さい子向けのカラフルな遊具。桜の時期は気持ちが良いです。

児童館の反対側は一段低くなっていて、カラフルな子供の遊具が並んでいます。フィールド・アスレチックとはいいませんが、金属製の遊具には、それぞれ対象年齢が書かれていて、とても親切な印象を受けました。しかし、実際のところは、相次ぐ遊具の事故のための防衛策なのかもしれません。

残念ながら広い芝生広場はありません。カラフルな遊具の広場の先に、ちょっとした芝生広場と、児童館の傍と動物舎の傍にちょっとだけあるのみです。少しばかり古めかしい感じは否めません。

以前は、この芝生広場の奥にプールがありましたが取り壊されて、2007年に水遊び場としてリニューアルオープンしています

ただ、この場所は樹木の陰で日当たりが悪いのです。プールだったころも、あまりよくなかったでしょうね。子供の体温はすぐに奪われてしまいますから、水遊びをする場所は日当たりが良くなくちゃダメです。特に水が流れてたまる一番下の場所は大半が日陰でした。

カミさんは「木を切っちゃえばいいじゃない」と言いましたが、ここまで枝振りのすばらしい桜の木を切っちゃいけませんよ(笑)。ここの水遊びは注意が必要かもしれません。

桜の写真を掲載しているように、北本市子供公園は桜の名所です。児童館の横には見事なしだれ桜もありました。桜の様子は 2009年(終わる寸前)2015年(散りかけ) に撮影しています。ご興味のある方はそちらをご覧ください。

北本市子供公園 案内図

北本市子供公園 案内図
公園内にあった案内図。右側に緑っぽいテープのようなものを貼ってある場所にプールがありました。今は水遊び場。

公園は三階建て?!

噴水のある広場。奥に小さな土俵と小さな野外ステージがあります。おまつりのときにはフル稼働します。桜が美しい。

こちらの公園は三層というか三段に分かれています。

一番下に、上で紹介しているカラフルな遊具や水遊び場のあるエリア。

二段目は最初に紹介した児童館、噴水、小さな売店、小高く土が積まれた土俵(出羽公園のような本格的なものではありません)、小さな野外ステージ(「みどりのフェスティバル」では大活躍)、ちょっとした子供の遊具などが並んでいます。

階段を登って、更に上に上がった先が最上階の三段目です。ここにあるのは、大きな砂場とその横にある「ふわふわドーム」、奥に小さな動物園と大規模なローラーすべり台です。

大砂場の隣には、鉄棒などが並んだ遊具の広場があって、藤棚のある広場がありますが、残念ながらこちらは芝生じゃなく、砂利敷きでした。芝生広場が欲しいですよね。砂利敷きは転んだら危ない。更に奥にこじんまりとした動物舎がありました。動物舎にはガチョウやニホンザル、ウサギなどがいます。更に下の段にもキジが住んでいるオリがありました。

毎年、ゴールデンウィークには、こちらの公園をメイン会場にして「みどりのフェスティバル」と呼ばれるおまつりが盛大に開催されています。2015年には27回目を迎えました。北本市のサイトで確認したのですが、「みどりのフェスティバル」とは「豊かな自然を肌で感じながら、みどりの大切さについて考えよう」という趣旨のおまつりだそうです。

営業案内等

開園時間
9:00〜17:30(4月〜9月)/9:00〜16:30(10月〜3月)
児童館:9:30〜17:00(4月〜9月)/9:30〜16:00(10月〜3月)
休園日
毎月第4月曜日、年末年始(12月28日〜1月3日)
休園日が休日の場合はその翌日。
駐車場
料金:無料
利用時間:9:00〜17:30( 4〜9月)/9:00〜16:30(10〜3月)
台数:86台(内身障者用2台)

こんな記事も読まれています