しらさぎ公園(久喜市) ラベンダー山

撮影日 2016.6.18

ラベンダー山

「しらさぎ公園」のラベンダー山には約2,500株のラベンダーが植えられている、埼玉県唯一の「ラベンダー」の名所です。

山と言ってもそんなに高いわけではありません。ラベンダーの中を正面からなだらかに登るルート、吊り橋へ繋がる道と合流するルート、山の裏手から階段で直登するルートの3ルートがあります。オススメはラベンダーの中を正面からなだらかに登るルートですね。

しらさぎ公園 ラベンダー山
ラベンダー
しらさぎ公園 ラベンダー山
道路から見たラベンダー山。頂上は街灯が目印です。
しらさぎ公園 ラベンダー山
山腹にあるラベンダー。山頂の街灯が確認できますね。
しらさぎ公園 ラベンダー山
ラベンダー山の裏手から直登するルート。頂上の街灯が確認できますね。
しらさぎ公園 ラベンダー山
麓に狭いですがお弁当を広げられそうな広場があります。

ラベンダー山頂と眺望

しらさぎ公園 ラベンダー山
ラベンダー山の頂上。大きな岩とベンチがあります。街灯。
しらさぎ公園 ラベンダー山
ここが本文に書いた一番気持ち良かった景色。緩やかに下って吊り橋へ。

「しらさぎ公園」のラベンダー山は山と名前は付いていますが、標高16mくらいしかありません。なので、山と言うよりも小高い丘という感じがピッタリです。

ラベンダー畑を斜めに上がる園路もラベンダー山の裏側から階段を上がる園路も、大きな岩とベンチが並んだ頂上に到達します。 その頂上から池や遊具のあるもう一つの山(丘)方面へなだらかに下る道が本当に気持ちいいんです。

ぼくらの世代はラベンダーといえば筒井康隆の「タイムトラベラー」(NHKのドラマ!)なんですけど、映画化タイトルは「時をかける少女」でしたね。

田舎にはラベンダーなどというハイカラな花はなくて、実際にラベンダーを見たのは埼玉に引っ越して始めて菖蒲町の「ブルーフェスティバル」で「しらさぎ公園」に来た時でした。

第一印象は「すごい匂い」。ごめんなさい。悪い言い方をしてしまうと石油みたいな刺激臭に感じてしまいました。 その後しばらく訪問せず、今回ずいぶん久しぶりに訪問したのですが、やっぱり匂いはかなり強烈です。

敏感な方はラベンダーの匂いでアレルギーの方もいらっしゃるようです。 ただ、非常に清潔感のある香りなのは間違いないので、複雑ですね。

余談ですが、下に置いた写真は頂上から撮影したものですが、写っているのが「森のパン屋さん」というベーカリーです。

「森のパン屋さん」は、久喜市にある障害者施設が営む小さなパン屋さんです。なかなか美味しい。厳選された良質の素材を使っているそうで、生地にはすべて北海道産のバターとオーガニックシュガーを使用しているそうです。

しらさぎ公園に行ったら是非寄ってみてください。

しらさぎ公園 ラベンダー山
ラベンダー山の麓に立っている「森のパンやさん」。土日休みですがこの日に限ってテントで営業していました。

アクセスと駐車場

駐車場
1ヶ所(砂利敷き)10台程度
バス
JR高崎線桶川駅東口 菖蒲車庫行き乗車 「菖蒲仲橋」バス停下車 徒歩約15分
JR宇都宮線久喜駅西口 菖蒲仲橋行き乗車 「菖蒲仲橋」バス停 徒歩約15分

しらさぎ公園 園内案内図

しらさぎ公園 案内図
しらさぎ公園 園内案内図

こんな記事も読まれています