埼玉スタジアム2002公園(さいたま市緑区) 2001年のオープンイベント

最終更新日 2017.4.29 撮影日 2001.10.6

こんな施設があるよ

浦和美園駅からの道のり

埼玉スタジアムは総工費約356億円、周辺の公園設備を含めると総額約766億円かかったそうです。

オープンしたのは2001年10月6日の土曜日でした。10月6日(土)のオープンから3日間(土・日・体育の日)に渡ってイベントが開催され、初日には5万人くらいの来場がありました。

3日間をトータルすると10万人もの来場者があったそうです。当時はまだ周辺に民間の駐車場がなかったので、ほとんどの方が埼玉高速鉄道とバスでした。

埼玉スタジアム2002 オープンイベント
埼玉高速鉄道「浦和美園駅」からスタジアムまで延々と続くエントランス道路です。
公称15分ですが、体感はもっとありました。20分以上。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
かなり時間がかかります。疲れます。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
南の入口付近は2016年とあんまり変わりませんね。

初めて入ったスタジアム

スタジアム内部の写真です。

縦10m横20mの大型ビジョンは、ビジター側、ホーム側の両方に設置されています。この大型ビジョンは当初かなり画面が粗く見にくかったのですが、2013年に三菱電機製の大型映像装置(オーロラビジョン)に改修され、見違えるほどキレイになりました。LEDでフルハイビジョンだそうです。

パノラマ写真はメインスタンドのビジター側からバックスタンド&ホーム側を見ています。

大きさと客席との近さを実感していただけるでしょうか。

埼玉スタジアム2002 オープンイベント
ビジター側からホーム席を望む。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
メインスタンドからバックスタンドを望む。椅子で書いた「SAITAMA」の文字が見えます。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
メインスタンドのビジター側の角から全体を見渡しています。

上のパノラマ写真はメインスタンドのビジター側の角からバックスタンドのホーム側角を見ています。

席種で言うとメインスタンドアウェイ席側ののSA席から、バックスタンドホーム側のSB席方面を見た感じです。

ここからは埼玉スタジアムの座席についてですので、公園の記事とは関係ありません。興味ない方はスルーでお願いします。

埼玉スタジアムに行きたいんだけどどの席がいいの?とよく聞かれるます。ぼくはバックスタンドアッパーの中央下部分のSA席(3600円)を勧めています。ガイド本みたいなのを読むと同じバックスタンドアッパーでもSA以外の上とか両サイドの「バックアッパー指定」を勧めているのをみかけますが、ぼくはあんまり勧めません。理由は簡単で単純に遠いからです。

埼玉スタジアムはとても良いスタジアムなのですが、スタンドの傾斜が甘くサッカー専用スタンドなのにピッチまで意外に遠く感じてしまうことがあります。バックアッパー指定やメインのアッパー指定の上部だとかなり遠く感じます。中央以外も上部と同じお値段ですが、今度は斜めから見ることになって試合の状況がつかめ難くなってしまいます。

その点、バックアッパー中央下部のSA席は全体を見渡せて人の動きがとてもよくわかるのでサッカー観戦には絶好です。それに雨が降っても、よほど風が強くない限り吹き込むことはありません。だからカッパの必要もありません。これはアッパー席共通の利点ですが。

慣れたらバックのホーム側SB席がオススメです。ここはホームのゴール裏に近くて応援を肌で感じることができるのと、比較的熱く応援する人たちが揃っているので指定席なのに声を出している人が多くいるからです。せっかくレッズを応援に行くのですから少し声を出してみたいですよね。

メインスタンドは選手をちゃんと見たい人が行く席でしょうか。試合前の整列とか写真とかはメインスタンドを向いて撮影します。それに、チームの席もこちら側にあるので、ウォーミングアップをする選手もピッチサイドで声を上げる監督の姿もしっかりと見えます。

余計な話の最後は屋根と雨の話を少し。

埼玉スタジアムの屋根はバックスタンドとメインスタンドにしかありません。屋根は3列目くらいまでカバーしていますが、実際の雨は一直線に下に落ちるわけではないので、そのあたりだとずぶ濡れになります。

体感的な安全圏は22列目より上だと思います。22列目はバックスタンドだと213・214・214・216・217・218番の入り口から出た通路のすぐ上です。メインスタンドだと19列目くらいから上でしょうか。メインの両サイドのSA席を希望する場合、できれば19列より上、ゴール裏寄りになるとカーブしますので更に上の列がいいです。

余計な話を失礼しました。

埼玉スタジアム2002 オープン当時マップ

埼玉スタジアム2002 オープンイベント
オープン当時のマップです。多目的広場がたくさんあって調整池が大きいですね。

上に掲載したのは、当時埼玉スタジアムにあった園内案内図です。下が南広場で右上が北広場。左上の水の広場とその両側の駐車場は当時から変わりありません。

その他は当時工事中でもあったので、現在(2017年)とは全然違っていますね。

まず、一番右の「東駐車場」とあるあたりは下の赤丸(現在地)付近まで伸びて現在は調整池になっています。その上の「調整池」とある場所が駐車場(バス発着場)。北広場の上の「北駐車場」には第4グラウンドができています。

「北駐車場」の左にあった「多目的広場」には第2グラウンドと第3グラウンドができています。左の「多目的広場」とある場所に子どもの遊び場ができました。バラ園もその付近です。

北口から現在のバス発着場あたり

埼玉スタジアム2002 オープンイベント
北側の広場です。2016年現在広場は舗装され、後ろは第3グラウンドとフットサルコートになっています。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
ここらあたりは、2016年現在「第2グラウンド」と「第3グラウンド」があるあたりです。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
今もある正体不明の塔。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
オープン当時は北側付近は大半が調整池でした。とても大きかったんです。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
2016年現在はバスの発着場になっています
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
このあたりもバスの発着場かな。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
南広場から北広場へ向う園路です。右に広く調整池。

南口あたり

埼玉スタジアム2002 オープンイベント
南側スタンド。今と変わりません。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
南側。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
南広場です。土の多目的広場でした。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
南入口は2016年とほぼ変わりませんね。

正面あたり

埼玉スタジアム2002 オープンイベント
埼玉スタジアムの正面。ここらは今と同じです。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
正面から北広場へ向う途中の
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
正面駐車場のあたり。

イベント

埼玉スタジアム2002 オープンイベント
埼玉スタジアムは防災拠点でもあるため、消防車が来て防災についてレクチャ−。
埼玉スタジアム2002 オープンイベント
防災ヘリも。

こんな記事も読まれています